びっくりドンキーへ新年早々に行って幸せを得た

ハンバーグレストランの「びっくりドンキー」に年始早々に行って来ました!

「びくドン!びくドン!」言い続けて、やっと行くことができたので、嬉しさのあまりに投稿します。

  

 

「つよし〜〜遊ぼうぜ〜〜〜」
「いいよ〜〜〜!!!あ〜〜〜びくドンに行きて〜〜〜〜!!」
「びくドン・・・?もしかしてびっくりドンキー・・・?」

年始早々、友人とのそんな会話から全てが始まった。

びっくりドンキーとは


びっくりドンキーとは、北海道にある株式会社アレフが日本全国に展開しているハンバーグレストラン。通称「びくドン」。
島根・鳥取・徳島を覗く地域に店舗展開しています (2019年1月3日 現在)。

びくドンに行って来た


僕が SNS でフォローしている人たちはよくびくドンにハンバーグを食べに行っていて、写真もよく上がっている。

びっくりドンキー Advent Calender なんてものもあったし、「びっくりドンキー」のハンバーグは、なんか知らんけど美味い。という記事もバズっていたし、みんなびくドンが大好きなはずだ。

安くて美味しい、気軽に行けるハンバーグレストラン。
そう、それがびくドンだ。

しかし、福岡の都心部にあるびっくりドンキー天神南店は2017年1月22日 (日) に閉店してしまった。
そしてその後、サイゼリヤになってしまったのだ。
(※サイゼリヤももちろん好きだが、唯一行きやすい場所にあった店舗の閉店に当時はショックを隠せなかった。)

そこでやって来たのが、福岡桧原店 (ふくおかひばるてん)。
花畑園芸公園や、福岡自動車運転免許試験場などがある方面です。


店員さんがメニューを持って来て、開いてくれた時には既にテンションMAX気味!
日頃「びくドン・・・びくドン・・・」と呪いのように呟いてた努力がついに身を結んだのだ。

ちなみに僕はびくドンが大好きですが、友人に話したところなんか知らんけど美味いじゃないけど「安くて美味しいし、なんか定期的に行きたくなるよね」という話になった。
わかる〜〜〜〜〜〜〜〜!

「でもつよしがびくドン好きだとは知らなかった」
「びくドンは北海道の会社が展開してるよ!」
「あっ・・・北海道・・・!?(納得)」

という話をしつつ、目を輝かせながら、まるで子供に戻ったような感覚でメニューを見つめる。

友人は定番のチーズバーグディッシュ、僕はチーズパケットディッシュを頼むことにした。


チーズバーグディッシュ150g ¥786 (税込)


食べ慣れたおなじみのハンバーグといえばこれ。ふんわり柔らかくチーズたっぷりで美味しい!


チーズパケットディッシュ150g ¥883 (税込)


つつみ焼きのハンバーグ。
中にはとろけるチーズとしめじが入っていて美味しい!デミグラスソースとの相性が最高!


びくドンに来たら、豊富なサイドメニューを頼まなくてはいけない。
頼まなくてもいいのだが、ついつい頼んでしまう。それがびくドン。


こちらは森のりんごスカッシュ ¥302 (税込)
ドイツ産のりんごを使用しているらしい (余市とかじゃないんだねと話していましたが)。

砂糖を使用していないらしく、リンゴ酢のジュースのような印象を受けるが、とても美味しい。
甘さが欲しい時は、ガムシロップを入れると良い。


ガトーショコラパフェ ¥537 (税込)


生クリームと北海道ソフトクリームにナッツショコラケーキ。
これこれ〜!なんか知らんけど、生クリームが抜群に美味しい。甘いんだけど、なぜだかそこまで重く感じない。


ショコラモカ ¥302 (税込)


「は〜〜〜幸せだ、今日はありがとう」
と、この後の遊ぶ予定を一瞬忘れかけつつも、最高のランチタイムを過ごしました。

「それにしても1月3日に営業しているなんて」と尋ねてみるとどうやら年中無休だとのこと。
年末年始くらい休んでてほしいけど、今日空いててくれてありがとう。


そんなわけで、びっくりドンキーを後にし、僕らは六本松にできた福岡市科学館を視察しに行くのでした。

ありがとうびくドン。さよならびくドン。
無くなって欲しくないので、定期的に来るよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

年始の変なテンションでお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

完。

  

共有やブックマークなど