タイに3日間旅行に行ってきました!バンコク、アユタヤなど!

タイ

3日間「微笑みの国タイランド」に行ってきました!

3日間写真を撮りまくったので、旅行記としてブログに書きたいと思います。

  
この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

2nd. ホテルにて朝食

ホテルの朝食 1
ホテルで朝食。
この日は8時半出発の予定だったので、6時半に起床して7時頃に朝食を食べました。

ホテルの朝食 2
バイキング形式で選びきれないほどの料理が並んでいました! (食べ過ぎました…)

2nd. バンコクを市内 ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 観光

2日目はバンコク市内の観光をしました。

最初に向かったのは、ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院)

大きな地図で見る

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 1
ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) の入場券。

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 2

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 3

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 4

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 5

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 6

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 7

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 8

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 9

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 10

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 11

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 12

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 13

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 14

ワット・プラケオ (王宮・エメラルド寺院) 15

2nd. バンコクを市内 ワット・ポー (涅槃寺) 観光

お次は 涅槃像 (ねはんぞう) のあるワット・ポー (涅槃寺)に行きました。

大きな地図で見る

ワット・ポー (涅槃寺) 1
ワット・ポー (涅槃寺) の入場券。

ワット・ポー (涅槃寺) 2

ワット・ポー (涅槃寺) 3
トイレの案内板。こういうの見ちゃいますね。

ワット・ポー (涅槃寺) 4
寺の中で、スリにご注意くださいとのこと。

ワット・ポー (涅槃寺) 5
涅槃像。大きい…!

ワット・ポー (涅槃寺) 6
小さな涅槃像もありました。

ワット・ポー (涅槃寺) 7
ちゃんと撮れば良かったんですが、大きな足もちゃんとあります。

ワット・ポー (涅槃寺) 8
20バーツでお賽銭用の硬貨と交換できるようです。

ワット・ポー (涅槃寺) 9

ワット・ポー (涅槃寺) 10
出口に出る時に、丁度なくなるように硬貨を入れていくみたいです。

ワット・ポー (涅槃寺) 11
休憩中にガイドさんからお水をいただきました。

ワット・ポー (涅槃寺) 12

船
船に乗って ワット・アルン (暁の寺) へ。

2nd. バンコクを市内 ワット・アルン (暁の寺) 観光

三つ目の観光地はワット・アルン (暁の寺)

大きな地図で見る

ワット・アルン (暁の寺) 1

ワット・アルン (暁の寺) 2

ワット・アルン (暁の寺) 3

ワット・アルン (暁の寺) 4
写真じゃ分かりにくいかもしれませんが、階段がかなり急で上る時より下りる時の方が怖かったです。
頑張って一番上まで上ったのですが、太ももがパンパンになってしまいました。

2nd. ジム・トンプソンにてショッピング

やってきました、ジム・トンプソン!最初僕は知らなかったのですが、タイシルクなどを扱っている有名店みたいです。
ジム・トンプソン 1

ジム・トンプソン 2
カフェエリアのような所にお菓子のお土産もあったのですが、せっかくなのでお土産としてタイシルク購入してみました:)
値段はちょっとしましたけど (笑)

2nd. フードコートで昼食

フードコートで昼食
お昼はフードコードでカードに200バーツをチャージして、好きなものを食べました。
そのままお買い物エリアでお土産探しをして、チャットゥ・ウィークエンド・マーケットに移動。

2nd. チャットゥチャック・ウィークエンド・マーケットにてショッピング

昼食後、チャットゥチャック・ウィークエンド・マーケットにてショッピングをしました。
チャットゥチャック・ウィークエンド・マーケット は1982年に設立されたタイで最も大きいマーケットらしく、雑貨や食べ物、ペットショップなど様々なお店が並んでいました!

フリータイムは1時間半ほどでしたが、とても全部回ることができない広さでした。

スイカジュースとパイナップルジュース
パイナップルジュースを買ってみました。パイナップルジュースは外れなしな気がしますね、美味しかった。

レッドブル
タイのレッドブルは炭酸が入ってなくて (いや微炭酸かな?) 瓶のタイプのものは10バーツ (約33円) で購入することができました。

2nd. 夕食はフカヒレ料理店にて

2日目の夕食はホック(福)シャークフィンにて。
絶対オススメということで予定に組み込みました。

大きな地図で見る

ホック(福)シャークフィン

2日目夕食 1
絶品、フカヒレスープ。
とんこつラーメンっぽいっていうのが最初の感想の九州のみなさん (笑)

さすがに2日目の夕食ともなると旅の疲れもあってか、このフカヒレスープだけでずいぶんお腹いっぱいになってしまいました。

2日目夕食 2
2日目もプーパッポンカリーを食べました。
1日目のプーパッポンカリーと比べると少しだけ後味で辛みがありましたが、それでもだいぶ日本人向けの味だと感じました。

2日目夕食 3

2日目夕食 4

2日目夕食 5
締めの雑炊。
美味しい…!美味しい…んだけどもうお腹いっぱいX(

2日目夕食 6
デザートの杏仁豆腐。

2nd. タイ語について

バスでガイドさんに教えてもらったのですが、タイ語で「ありがとう」は「コープ・クン・カー」または「コープ・クン・カップ」。
男性は「カー」、女性は「カップ」をつけるらしいです。

2nd. タイの交通について

お世話になった送迎バス

2日目の土曜日はそこまではなかったのですが、1日目の交通量はすごくて夜中にも車がたくさん走っていました。
また、法律で禁止されていないのかヘルメットを着用せずにバイクに乗っている人も目立っていました。

交通量が多い上に、車間距離がめちゃくちゃ狭くて少し怖い感じもしましたね…少なくともバンコク市内は運転したくないです。
バスで走行中の話なのですが電線が低いのかバスをホテル前に駐車する時に電線に引っかかったり、電線が切れたり、高架線下に生えてる木が伸びてきててぶつかったりとタイではよくあるような感じでした (笑)

また、タクシーはあまり乗らないほうが良いという情報をガイドさんから聞きました。
乗るにしてもメーターのついているもので、メーターをあげてくれるか必ず確認するとのこと。
でないと言い値になってしまうとのことでした。

また必ずしもという訳ではないですが、日本人だと分かるとわざと遠回りする運転手もいるようです。
不安な方は以下のページも参考にされてみてください。

ちなみに2日目は1万円を両替して3000バーツでした。

3日目へ

3日目の旅行記をお読みになりたい方はこちらをどうぞ:)

  

共有やブックマークなど

コメントは受け付けていません。