Canon EF16-35mm F4L IS USMでポートレート実写レビュー

先月Canonの超広角Lレンズを購入したので、6D Mark IIと一緒にポートレート撮影で使ってみました。実写レビューです。

作例を何枚か載せたいと思います。平成最後のポートレートになりました。

  

1/160秒 f5.6 ISO 4000 焦点距離 16mm

まずはワイド端 (一番長い焦点距離) 16mmで撮影。
広角レンズは端が歪みやすく、ポートレートに使うには難しいと言われることもありますが、下から見上げるように撮ることにより足が長く見えたりダイナミックに写ったりするようです。
椅子に座ってもらい、顔を中央に寄せるとさらに良さそうだなと感じました。

1/50秒 f4.0 ISO 640 焦点距離 35mm

こちらは逆にテレ端 (一番短い焦点距離) で見下ろして撮影。

1/50秒 f4.0 ISO 640 焦点距離 35mm

こちらも同じ設定で撮影。
焦点距離35mmは被写体との距離もそれなりに近くはなりますが、16-35mmのズーム域は非常に使いやすいです。

1/40秒 f4.0 ISO 2000 焦点距離 16mm

再び16mmで撮影。

1/40秒 f4.0 ISO 2000 焦点距離 16mm

少し不要部分をトリミングしていますが、自分の視野よりもかなり広い範囲が写し出されています。

1/40秒 f4.0 ISO 2000 焦点距離 16mm

超広角レンズを使うと、線を意識して撮影すると楽しいです。

1/50秒 f4.0 ISO 2000 焦点距離 35mm

F2.8のレンズのボケには及びませんが、F4通しで綺麗なボケと高い解像力を見せてくれます。

1/50秒 f4.0 ISO 2000 焦点距離 35mm

重量も615gとLレンズにしては軽めのほうで、6D Mark IIと合わせて気軽に持ち出せるお出かけ用としてギリギリ許容範囲かなという感じでこの点もGoodです。

1/40秒 f4.0 ISO 3200 焦点距離 20mm

さらには4段分の手ぶれ補正も非常に心強く、薄暗い場所でも大活躍。
ライブビューも使うため、シャッタースピードは1/30〜1/40くらいまでにしましたが、ファインダーを覗いてしっかりと構えるならもっと遅くても大丈夫そうです。

1/40秒 f4.0 ISO 3200 焦点距離 35mm

超広角レンズを使ったポートレートでは被写体の顔が歪まないように極力中央に収めた方が良いですし、多少の癖はありますが、風景にもポートレートにも使える、頼もしいレンズで購入してよかったと思います。

Canon EF16-35mm F4L IS USM

Canon EOS 6D Mark II

  

共有やブックマークなど

コメントは受け付けていません。