FUJIFILM X-T30とXF23mmF2 R WRを購入したので開封レビュー!

次にカメラを買うなら絶対に SONY だと思っていた僕が、FUJIFILM のミラーレス一眼カメラ「X-T30」と「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」を購入してしまいました。

開封レビューです!

  

目次

FUJIFILM X-T30


Amazon で4月になる前にギリギリ注文した X-T30 が到着!


梱包は簡易的というか少し雑でした。


保護フィルムとレンズ保護フィルターを一緒に注文したのですが、そっちは動きにくいように緩衝材が詰めてあるものの、本体の箱には隙間が。


とはいえ、久しぶりのこのワクワク感。


レンズが小型で23mm の焦点距離のため、薄枠がいいのか分かりませんでしたが43mm の薄枠の撥水レンズ保護フィルターを買いました。


ついに X-T30の箱を…


開封!
ブラックの箱、カッコいいですよね…。


中身の本体は動かないように固定されています。


う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、かっこいい!!!


そして可愛い。汚れやすそうなども気になるものの、ボディは僕の中でシルバーボディ一択。
フィルムカメラのような見た目がたまりません。


反対側。アイカップが浅いのはちょっと残念ですね。
取り換え可能だったら嬉しいのですが、どうやら一体型のようです。


付属品は説明書や保証書の他に写真の通りです。

  • 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)
  • ACパワーアダプター AC-5VG
  • プラグアダプター
  • 専用USBケーブル
  • ショルダーストラップ
  • ボディーキャップ、 ストラップリング
  • ストラップリングカバー
  • ストラップリング取り付け補助具
  • 使用説明書
  • 保証書一式

 

X-T20の付属品と比べると、

  • ACパワーアダプター AC-5VG
  • プラグアダプター
  • 専用USBケーブル
    が増えた代わりに、バッテリーチャージャー BC-W126がなくなっています。

USB 充電、電源から充電できるのはよいですが、カメラにバッテリーを挿しておかないと充電できないのは困りもの。
こういうタイプの端子のものはダメにするのが怖いので、僕は極力カメラと切り離して充電したいです。

フジノンレンズ XF23mmF2 R WR


お次は単焦点レンズ。
こちらも Amazon で注文しましたが、発送元はカメラ会館。


梱包はしっかりしていて、安心でした!


早速取り出して


FUJINON XF23mmF2 R WR とご対面といきましょう。


35mm F1.4の単焦点レンズが神レンズと呼ばれており、僕もかなり気になっていたのですが、チェックしていた数日後に値上がりし、キャッシュバックキャンペーンがあるものの、35mm 換算で焦点距離35mm という23mm のこちらのレンズにしてみました。


付属品は以下になっています。

  • レンズキャップ FLCP-43
  • レンズリアキャップ RLCP-001
  • レンズフード
  • ラッピングクロス


早速、X-T30にレンズを装着!


こういうコンパクトなレンズフードは初めてで、間違って逆向けに付けそうになる。


X-T30のコンパクトボディに合わせてもしっくりきますね!


防滴防塵で180g と本体383g と合わせてもとても軽いです。


セルフィー (自撮り) の向きにはできませんが、液晶モニターも可動式です。


HDMI 出力用端子と充電用端子。


デビューキャンペーン申し込みのシリアルナンバー (製造番号) は下部記載のアルファベットで始まる(僕の場合 8桁) のコードです。
保証書にも記載されていました。


バッテリーと SD カードを入れます。


上部。
もうどこから見ても最高やん…。


専用ケーブルで USB または AC アダプターでコンセントから充電可能です。


バッテリーを挿して、カメラに繋ぐことで充電できます。
バッテリー単体では、別売りのバッテリーチャージャー (充電器) が必要。

なぜFUJIFILMを購入したのか

これから申し込もうと思っているデビューキャンペーンとキャッシュバックキャンペーンに釣られた部分もありますが、「次に買うなら絶対に SONY の α7III だな…」と思っていた僕が、何故 FUJIFILM のカメラに手を出してしまったのか。
レンズと合わせると15万円と決して安い買い物ではありませんし、あと5万程出して α7III を買う方が性能面ではきっと満足できるでしょう。

フィルムカメラのような見た目に惹かれたという点もありますし、FUJIFILM ユーザーの方々の写真が素敵だったこと、実機にほぼ毎日触れ素直に欲しいと思ったこと、そして旅行や普段気軽にいつでも持ち出しやすそうな携帯性が魅力でした。

そのためフルサイズ換算で35mm という、Canon でも普段慣れている使いやすい画角を選択しました。

同時に買ったもの

HAKUBA 液晶保護フィルムMarkII FUJIFILM X-T30専用

カメラやスマホには保護フィルムは必ず貼る派ですが、特に液晶画面がむき出しになっているので、注意が必要ですね。

Kenko 43mm 撥水レンズフィルター PRO1D プロテクター NEO レンズ保護用

最近超広角レンズを購入した際に買った薄枠の保護フィルターと同じものの 43mm を購入。

欲しいもの

FUJIFILM NP-W126 NP-W126S 互換 バッテリー + BC-W126 BCW126 互換 USB充電器セット【ロワジャパンPSEマーク付】

互換バッテリーで、一番使われていそうなので、ロワジャパンのバッテリー充電器を購入。

バッテリーパック Newmowa NP-W126 互換バッテリー 2個 + 充電器 セット

ロワジャパンの次点でよさそうなのがこちら。
同時に2つ充電できるのは魅力です。

バッテリーはロワジャパンで、充電器はこちらを使用している方もいるようです。

ORMY 液晶保護ガラス 液晶保護プロテクター (FUJIFILM X-T30用)

保護フィルムを買った後にガラス製もあったことに気が付きました。
ガラス派なので、既に注文しました。

Meike MK X-T20G メタルハンドグリップ カメラスタンド for Fujifilm X-T20/ X-T30/ X-T10用【中国製】

バッテリーグリップも気になりますね。

kinokoo FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T10 X-T20専用ボディケース

こういうボトムレザーケースも良いかなと思っています。素材は本皮ではなく、PU レザーという合成皮帯。

スマートフォンとペアリング


カメラの電源を入れるとアプリ FUJIFILM Camera Remote のダウンロードと、スマートフォンとのペアリングを促されます。
アプリを起動して Xシステムを選択。


レンズ交換式カメラを選択。


X-T30を選択。


iPhone の Bluetooth を有効にして次へをタップ。


カメラが無事検出されました。


検出したカメラを選択。


リモートシャッターや写真の転送が可能になります。

Canon の Camera Connect と6D Mark II の組み合わせや Flash Air に慣れてると、速度は遅く感じてしまいますが、ペアリングしておけばアプリの操作時に自動で接続してくれるので楽ですね。

センサー汚れに気が付いて富士フイルムサービスステーションへ

レンズ内部にゴミみたいなものがと思ったら保護フィルターの間だと気づき、取ろうと思ったら汚れてなかなか落ちず泣きを見る羽目に。
レンズペンを買うことも決意しました。

レンズフードもゴミみたいなものが拭いてもブロアーでも取れず欠けかな?とか (これはいつの間にか取れたのでゴミでした)、細心の注意を払ってレンズを取り付けレンズ交換を一度もしてない状態でセンサーのゴミにも気が付き、ブロアーも何度か試したものの変化なしで購入数日で泣きそうでした。
もしかしたら出荷時の汚れだとか、取れれば良いけど、簡単に取れない内部に入り込んだものだったらどうしよう…」とか、いろいろ続いて、ちょっと品質とかを疑ってしまいました。
ブログ用にアップした写真だと解像度の関係で少し分かりにくいのですが、F16で撮影すると液晶ではっきりと黒い汚れを確認できました。
F8くらいでも分かったので、持ち込むまでは本当に泣きそうな顔してました。


しかしながら、富士フイルムのサービスステーションに持ち込むと素晴らしく綺麗に!
光る白いパネル (ライトボックス) でゴミがないか確認させてもらいました。

余計に汚れやゴミが付きそうで、センサーをまじまじと見ることもできず、ブロアーもセンサーを傷つけないようにと恐る恐る使用しましたが、強めにブロアーを吹いたら取れたみたいです。
買った当初は「大丈夫かな、FUJIFILM…」と思いましたが、今回は無償で (ブロアーで済んだからかもしれませんが) 対応していただき、丁寧で良かったです。
(※保証期間に関わらず、センサークリーニングは有償対応と記載されていたので、心配だったんですよね…)。

レンズのゴミみたいなのは結局取れず、正確にはレンズ周りの写りに影響のない部分だったのでそのまま使用することにしました。


気にしすぎかもしれませんが、ないに越したことはないし、気になりだすと気になりますね。

初めて買ったカメラで液晶の初期不良とかはあったものの、こういう微妙に気になる点が  Canon では今まであまり遭遇しなかったので、ちょっとあたふたしてしまいました。
決めた、もうレンズ交換はしない。とか言いつつ、マウントアダプターの Fringer も既に欲しいけど。

Fringer FR-FX1 マウントアダプター

プロ版は絞りリングが付いています。

Fringer FR-FX10 マウントアダプター

購入数日から躓いてしまい暗い気持ちになったものの、サービスステーションの対応の良さで無事気持ちよく新しいカメラが使えそうです!

また、サービスステーションで行われた無料講座の内容も凄く良かったので記事を書きました。

X-T30の使い方を習いに富士フイルム福岡サービスステーションへ行って来ました

購入したアクセサリーについても別途記事を書いています!

FUJIFILM X-T30と一緒に買いたいアクセサリーなど

参考記事

X-T10や X-T20のアクセサリーも使える物も基本的に使えるようなので、X-T20 の記事も参考にしました。

  

共有やブックマークなど

コメントは受け付けていません。